ブログ -日々思うこと-|寺田学のオフィシャルウェブサイト [ Manabu.jp ]

  • 3月11日を迎えて

    2013/03/12

    振り返れば二年前の今頃、
    福島原発の「全交流電源喪失」の深刻さを未だ知らぬまま
    総理官邸で福島原発への電源車の手配に追われてた。
    前日から国会答弁調整で徹夜だったので、
    この時点で既に40時間ぐらい起きっぱなしだったが、
    当然眠気など微塵も感じる事なく走り回っていた。
    その後、ベントが出来ていないと知り、
    朝6時、放射線量が急上昇していく福島原発に総理とヘリで向かった。

    2年前の自分のしてきたこと、出来なかった事に反省や悔いはある。
    その報いとしての落選でもあったのかな、とも思う。

    2年経った今日、2時46分は自宅のテレビの前で迎えた
    相変わらず表面的な報道が多かったが、
    徐々に感情論から、胃が痛くなるような現実的な課題がクローズアップされてきたと思う。

    この震災や原発事故は、記憶に留めるというものではなく
    ひたすら続いて行くもの。
    覚えているかどうかではなく、見つめているかどうか、だ

    見つめているつもりだが、まだまだ想いが多すぎて、
    ありきたりの被災者への言葉すら書く事を躊躇してしまう

     

    これから自分がなすべきことは何か。

    鎮魂の想いを抱えながら考えていきたい。

秋田事務所

〒010-0962 秋田県秋田市八橋大畑2-3-1
ホワイトキューブ401

TEL:018-896-1088 FAX:018-896-1006

国会事務所

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館1014号室

TEL:03-3508-7464 FAX:03-3508-3294