ブログ -日々思うこと-|寺田学のオフィシャルウェブサイト [ Manabu.jp ]

  • 【東京都知事選挙について】

    2014/01/16

    AS20140115000271_comm

    私は細川氏を支持したい。
    あ、選挙権はありませんが。。。。。

    まずは行儀良く理由を。後に感情論を。

    そりゃ、高齢だし、総理の辞め方も無様だったしと、
    諸手をあげて気持ちよく支持は出来ません。
    それでも、
    原発なしで日本は発展してほしいと考えているし、
    それを首都東京が先頭をきって進めて欲しい、
    そう願うから支持をしたい。

    原発を無くしてほしい理由は、
    昨年書いた私の回顧録の通りです。
    あのような事故を起こしてなお、
    原発を使い続ける事は、
    被災者と将来世代にあわせる顔がありません。

    一自治体選挙で「脱原発」は争点として相応しくない、
    そんな声もあります。
    でも、自らの生活に必要不可欠な電力をどのように賄うのか、
    住民にとって非常に重要な問題です。
    加えて、首都東京の方向性は、
    国全体のエネルギー戦略に大きく影響します。
    最大の電力消費地として住民の意思を示してほしいのです。

    もちろん、
    都政の重要課題であるオリンピック成功や社会保障、
    そして災害対策等の議論は必要でしょう。
    でも、それらは「論点」であって「争点」ではありません。
    多少のアイディアの差はあれど、
    誰が知事になっても同じ方向性で努力すべき課題です。
    それらは選挙で充分議論してほしい。

    知事に相応しい人物かどうか、人物評価が必要ですが、
    正直なところ、全員が濃厚な長所短所をお持ちで、
    人物のみで選択出来るような差はないように思います。

    ということで、私は細川氏を支持します。

    さて、行儀の良い発言は以上として、
    ここから、感情的に想いを吐露したいと思います。

    都民の皆さんにお伺いしたい。
    これからも、
    他県に作られた原発で、自らの電力を賄いますか。

    ご存知の通り、
    皆さんがお住まいの東京という巨大電力消費地の為に、
    東北に、福島に原発が作られました。
    まさしく都民の為の原発です。
    その原発が大事故を起こし、
    住民は故郷を失い、大きな被害を受け続けています。
    もちろん、都民の皆さんに直接の原因はありません。
    国と自治体と東電に原因はあるでしょう。
    でも、使う人が沢山いるからこそ、
    他県にまで発電所を作ったわけです。

    福島は、東北は、東京に電気を送るため、
    原発を受け入れ、そして事故にあい、被害に苦しんでいます。
    今もなお。
    それを踏まえて、東京都民の気持ちが知りたいのです。
    東京の電力の為に被害にあった被災者への、
    都民の回答が必要だと思います。
    「東京は安全だ」そう言って勝ち取ったオリンピックに沸く前に、
    都民による、原発事故への総括が必要だと思います。

    もし、これからも原発由来の電気が必要との結論ならば、
    新しい知事にお願いです。
    もう他県に頼らないでください。他県に押し付けないで下さい。
    自ら東京に原発を新設して、電力を確保してください。
    それでも「東京には作れない」と考えるのであれば、
    他県に原発を押し付ける正当な理由を教えて下さい。

    私には、正当な理由が見当たりません。
    だから、都民から「原発に頼らずエネルギーを賄う為に、工夫と負担を惜しまない」
    そんな結論を出してほしいのです。

    私は細川氏を支持します。

    追記。
    マスコミに一言。
    一部のマスコミは、国政課題で地方選を戦うべきではないと説くが、
    今までの自らの報道を振り返えるべきだ。
    各地で知事選が行われるたびに、地域課題を押しのけて、
    争点に「政権の評価」を当てはめてきたのは、
    あなたたち中央のマスコミだ。
    それを今さら「地方選挙は地方課題で争うべきだ」と言うその神経を疑う。
    エネルギー問題は国政課題でありながら、
    最も身近な地域課題でもある。
    誰に気を使っているのか知らないが、余計な邪魔はしないでほしい。

秋田事務所

〒010-0962 秋田県秋田市八橋大畑2-3-1
ホワイトキューブ401

TEL:018-896-1088 FAX:018-896-1006

国会事務所

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館1014号室

TEL:03-3508-7464 FAX:03-3508-3294