ブログ -日々思うこと-|寺田学のオフィシャルウェブサイト [ Manabu.jp ]

  • 【東北比例での公認へ】

    2017/10/05

    衆議院が解散され、民進党と希望の党の実質合流が電撃的に決定いたしました。その決定に従い、秋田一区の公認候補の選定を待っておりましたが、希望の党の一次公認が発表され、秋田一区の公認候補が、私ではなく松浦氏に決定いたしました。正直なところ、現職議員でありながら、公認候補に選ばれなかったことは本当に不本意です。
    民進党側の公認調整窓口の玄葉さんからは、現職であること、自民党候補を倒すことにおいて私の方が有利であること等、自信をもって諦めずに交渉を続けてくれ、加えて、松浦氏の他の選挙区への転身を含め、様々交渉したと聞きましたが、松浦氏の秋田一区への強い意思等の理由から、今回の決定に至ったと聞きました。
    その上で、玄葉さんらから「今回だけ、比例区に回って欲しい」との打診がありました。比例東北単独1位で、次回は私が小選挙区から立候補するいわゆるコスタリカ方式の打診でした。
    提案を受けながら、無所属での小選挙区からの立候補も考えました。
    やはり、10年以上にわたり活動を続けてきた選挙区への想いも強く、また、2回負けている冨樫氏に今回こそは勝てる確信をもっていたがゆえに、非常に悩みました。多くの方々から頑張れとの声も頂き順調に活動もしてきました。
    しかし、その反面、私が立候補することにより、希望公認の松浦氏を含めた野党が分断されることになり、結果として政権批判票が分散し、自民党候補に有利に働いてしまうことも当然懸念されました。
    私自身の強い想いと、小選挙区制度ゆえの全体的な判断、その両者で強く揺れ動きました。
    そもそも、民進党と希望の党の実質的な合流は、当初の思惑よりかなりずれた形になってきていますが、この劣悪な安倍政権をこの選挙で終わらせるために、民進党は「名を捨てて実を取る」大胆な取り組みを決めました。このままでは、名も実も捨てることになるのではないか。。。。。
    本当に悩みましたが、原点に立ち返り、自分が小選挙区から選挙に出たい思い、松浦氏に選挙区を取られる悔しさ、そのような個人的な思いを無理やりにでも飲み込んで、当初の目的だった「安倍政権を倒す」ために、自らは引き、単独比例での出馬を受け入れることにしました。
    ご支援を下さった皆様、ご期待を下さったみなさまに、この場を借りてお詫び申し上げます。
    本当に申し訳ございません。
    そしてできることならば、私が東北比例に回る本当の意味をご理解いただき、共に歩んでもらうことをお願い申し上げます。
    共倒れを避けて、安倍政権を倒すための本当に苦渋の決断であります。ご批判は当然あると思います。甘んじてお受けし、心に刻みたいと思います。
    最近は与野党対決よりも、野党間の小競り合いがニュースを占めております。本来であれば、安倍政権の三年間の横暴さや、この傲慢な解散が話題にのぼるはずですが、なんとも残念な現状です。
    そのような流れを断ち切り、倒すべきは安倍政権と改めて自分自身言い聞かせ、前を向いて進みたいと思います。
    寺田学

秋田事務所

〒010-0875 
秋田県秋田市千秋明徳町2-77

TEL:018-825-5201 FAX:018-825-5202

国会事務所

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館1014号室

TEL:03-3508-7464 FAX:03-3508-3294