ブログ -日々思うこと-|寺田学のオフィシャルウェブサイト [ Manabu.jp ]

  • 【新型インフルエンザ特措法について】

    2020/03/12

    IMG_0260

     

    先ほど本会議にて採決が行われた新型インフルエンザ特措法改正案に賛成できませんでした。理由はただ一点です。

    短い審議の中で政府から「(民放の)放送内容について変更、差し替えの指示をすることは法の趣旨に合う、あり得る」との答弁があったことです。

     

    従来の新型インフルエンザ特措法審議時にはなかった、この新たに明言された答弁がもつ意味は非常に大きく、その通りであれば政府の一方的な発信のみがテレビで流れうることになり、大きな危惧を感じました。

     

    私自身も9年前の東日本大震災の対応に官邸の一員として仕事をしておりましたが、政府の情報すべてが、その時点で完全であるわけもなく、政府の発信に関して、様々な議論が民放含めてされる中で、国民にとってより有益で正確なものに変化していくこともあったと思います。

     

    その意味で、従来の新型インフルエンザ特措法と立て付けは一緒であろうとも、今回の答弁によって加えられた民放の放送内容への積極的な政府関与に関し、賛同できず、採決態度に表した次第です。

     

    とても短い時間で判断が迫られ、苦しい判断でしたが、私が9年前に震災対応で得た反省と教訓の一つと考えております。

     

    3月12日
    寺田学

秋田事務所

〒010-1424 
秋田県秋田市御野場1-1-9

TEL:018-827-7515 FAX:018-827-7516

国会事務所

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館1014号室

TEL:03-3508-7464 FAX:03-3508-3294